ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税とは、好きな自治体に寄付ができる制度です。寄付した金額の一定額は、翌年に還付や控除という形で戻ります。

あなたが寄付できる上限を確認して、上限以内の金額で寄付すると、寄付した金額から2,000円を引いた金額が納めた税金から控除されます。

仮に6万円を寄付したとすると、5万8千円が実質的に戻る上に、実質2,000円でステキな返礼品がいただける制度なのです。

 

まずはあなたが寄付できる上限を確かめましょう。
リンク先は楽天です。
⇒ ふるさと納税控除金額シミュレーション  

返礼品ってどんなものが有るのかご覧になって見てください。楽天ランキングで人気の返礼品はこちらです。
⇒ ふるさと納税総合ランキング 楽天  

 

返礼品の値段は寄付金額のおおむね3割前後です。
返礼品を市価で買うわけではないので、高いと思うかもしれません。でも、あとで税金から控除されるので、実質2,000円でもらえると考えてください。

 

寄付の仕方は、欲しい返礼品をカートに入れ、あなたの住所氏名など必要事項を入力したら、クレジットカードなどで決済するだけです。通販で買うのと同じ要領です。

特産品などの場合は収穫時期の関係で、送られてくるのに時間がかかるかもしれません。返礼品の納期欄に説明がありますから確認してください。

通常なら1週間か10日前後で返礼品が送られてくると思います。

 

ここからが大事です。
税金を控除してもらうためには手続きが必要です。

・確定申告する
・ワンストップ特例を申請する

このどちらかを選びます。
ただし、ワンストップ特例を使える方は次の方のみです。
・もともと確定申告が不要な方(会社員など)
・寄付先の自治体数が5以下の方

このふたつに該当する方は、ワンストップ特例を寄付するごとに、寄付先の自治体に郵送することで手続きが完了します。

ワンストップ特例の詳細はこちらから。
リンク先は楽天です。
⇒ ワンストップ特例申請とは  

ワンストップ特例の場合は、全額が翌年の住民税から控除されます。

 

仕組みはいろいろ書いていきますので、記事をご覧ください。

 

 

 

ページトップへ